土地家屋調査士とは|不動産を賢く売ろう!不動産売却のポイント

土地家屋調査士とは

積み木

表題登録を行う仕事

不動産の表題登記を行う時には測量を行った図面を準備し、登記申込書を書いて登記の手続きを行うのが土地家屋調査士の主な仕事内容となります。その仕事は資格を持っている人のみができる業務です。なので、土地家屋調査士には登記申請に必要な知識が必要となってきます。

土地トラブルの解決ができる

昔は、協会がはっきりしていない土地の権利権を求めて裁判を起こすことが多く、費用や労力がかかり大変でした。しかし、裁判を起こさずに境界を決めることができる筆界特定制度ができたことで、改善されました。こういった場面で活躍できるのも土地家屋調査士です。土地の権利でもめた際には解決手続きを行うことができます。

フィールドワーク

土地家屋調査士の仕事は表題登録を行うことです。そのためには、対象の物件の調査をする必要があります。表題登録には建物や土地の面積や形状を確かめ、測量する必要があります。土地の場合、境界杭が定まっていなければ位置を決めるための測量をおこないます。元々決まっている場合には、位置の確認や面積の測量を行います。測量機材で座標を取ったり、隣接者と境界杭でもめたりすることも多いようです。

様々な顧客

土地家屋調査士の仕事は不動産業者や建築業者でけでなく、個人から仕事を頼まれることもあり、顧客は様々です。表題登録を行う際には顧客に準備していただく書類も多くあるので、顧客としっかり打ち合わせすることも大切な仕事です。東京には土地家屋調査士の資格を多く持っている人がいるので相談からしてみましょう。

広告募集中