準備をしよう

不動産を売る際には自分で売る方法の他に業者に頼むことができます。そういった時にも大切な準備があります。少しでも高く売るためには掃除をしっかりしておくことも大切です。また、希望金額を伝え、しっかり相談しておきましょう。

不動産を売る時の確認事項

ウーマン

理由を明確に

家を売る際には売る理由を明確にしましょう。売却を希望する理由はライフスタイルの変化や経済的な理由など様々です。また、住み替える時期や売値なども確認しておく必要があります。その後に売却期間や新居の購入をイメージすることが大切です。呉市などには不動産会社が多くあるので相談してみるとよいでしょう。

買え変える場合の問題点

家を買い替える場合には、売却期間と購入期間の調節をしましょう。売却を先におこなう場合には、売却価格を先に決めてもらいます。その予定の売却価格を基準に新居の資金を組んでもらい、物件を検討してもらいます。購入を先におこなう場合には、じっくり新居を選ぶことができますが、売却代金で新居を購入する予定の方は、売却価格が希望よりも低い場合も考えて、購入しなければなりません。仮に、売却価格が下回った場合はローンが残る可能性があります。

実際に家を売った人の口コミ

息子からもらったマンション

八年間住んでいた家をやむを得ない事情で手放すことになりました。そのマンションは息子に買ってもらったものなので、一円でも高く売りたくて不動産業者にお願いしました。私の相談を親身に聞いてくださって、とても良い買値で売ることができました。

三か月で売れました!

業者にマンションの売却をお願いしたのですが、サポートがしっかりしていて、安心して任せることができました。すぐに内覧希望の連絡が来てくれて、三か月以内で売ることができました。新居に移る際にもお手伝いしてもらい、スムーズに移ることができました。

売れたお金で新居を購入

仕事の関係で地方に移ることになり、家を売ることにしました。仲介の業者に頼んだのですが、営業の方が親身に相談に乗ってくれたので、安心して任せることができました。結構高額の売値で出したのですが、希望通りの金額で売ることができました。新居も売れた費用で買うことができて、無駄な費用が出なくて良かったです。

新居のローン代

新居に移る為に、古くなった家を売ることを決意しました。元々の家が古かったので、高額で売れることを期待せずに、先に新居を購入しました。しかし、希望の金額より高額に売れたので、新居のローンに回すことができ、ちょっと得した気分でした。

広告募集中