不動産を売る前に

家を売る際には土地家屋調査士を持っている業者にお願いしましょう。また不動産売却するには様々な準備が必要となってきます。流れを確認して、スムーズに売却出来るようにしましょう。最近は東京だけでなく、熊本や様々な地域に不動産業者が多くあるので確認してみてください。

不動産が売れるまでの流れ

売却価格の設定

不動産を売りに出すことが決まったら、売却価格の設定をしましょう。その際には、売りに出す物件の相場を知ることが大切です。売却価格が決まれば不動産業者を探しましょう。良い不動産業者を探すにはいくつかポイントがあるので確認してください。

不動産の査定の依頼

不動産業者が決まったら、不動産の査定の依頼をしましょう。査定が済んだら、査定価格を元にちゃんとした売却価格を相談します。希望をしっかり伝えることが大切です。売却価格が決まったら、不動産業者を通して売りに出しましょう。

買い手と相談

購入希望者が来た場合には、しっかり相談することが大切です。相手の要望の聞きつつ、自分の希望もしっかり伝えるようにしましょう。また、トラブル防止のために、物件に不具合がある場合は予め説明をしておくことが大切です。

売買契約

売買契約を結ぶ際には、しっかし契約内容を確認しましょう。売買契約を結ぶ際は一番トラブルが起こりやすいので気を付けてください。また、引き渡しの際にも立ち合いが必要です。申告などのも手続きも忘れずに行ないましょう。

不動産業者のタイプ

家とハート

楽観的な不動産業者

不動産業者によって売却価格の差が出ることがありますが、これには理由があります。基本的には不動産業者のタイプによって異なっています。楽観的な不動産業者の場合は、希望の売却価格を聞いてくれるところが多いです。そういった業者の多くは知名度が高い業者が多いです。茅ヶ崎など様々な地域でそのような業者が多くあるので確認しましょう。

慎重な不動産業者

不動産業者には慎重派の業者もいます。そういった業者の多くは、最初から低めに売却価格を設定するようです。なので、最初で決まった売却価格で売れることが多いようです。このような業者は名東区や呉市などに多くあるようです。

広告募集中